About this site
和田寛世のライフワークや手作り作品を発表 また和田寛世のアンテナに引っかかったお勧めする物、情報、イベント、ビックリすることなどを発信
CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
POPPO
We shuld make world poppo!
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS
<< about Leather | main | entoan >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
Eatable of Many Orders 2011/12 AW collection


この度の震災で多大な被害に遭われた皆様に心よりお悔やみとお見舞いを申し上げます。そしてこの文章を読まれている皆様と
ご家族ご親戚ご友人が無事でいらっしゃいますように…
被災地が一日でも早く復興されるようお祈りしております。

--------------------------------------------------------------------------------

Eatable of Many Orders 2011/2012秋冬コレクション
『Golden Alchemy』 金を生み出そうとした錬金術について

[日程]
for buyer&press : 3月29日(火)〜4月1日(金)12:00〜20:00
for friends:4月1日(金)・4月2日(土)・3日(日)12:00〜20:00


[場所]
NOW IDeA by UTRECHT
(東京都港区南青山5-3-8 パレスミユキ2F)
http://www.nowidea.info/


『Golden Alchemy』 
金を生み出そうとした錬金術について

かつてより人間にとって金は夢であり欲望でした。
科学という概念が確立しない時代、他の物質から金をつくろうとする人たちがいました。
それをできると信じて・・やがてそれは不可能だと認められたけれど、 その試行の過程で発見された薬品や発明された道具が自然科学の礎を築いたとも言われています。そして自然科学は、人間の夢や欲望を追求し続けています。

コンパスで描き終えられる前の円がまだ閉ざされていない瞬間にそこに広がる空間や、 ランビキで蒸留されて得られる液体のように、 終結に辿り着くと同時に新たな何かが生み出されているイメージのコレクション。

エタブルが2010SS以来のコレクションの背景で追ってきた金を巡る物語へのピリオドと、
次への始まりです。

















| ART & DESIGN | 07:51 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 07:51 | - | - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://kanseiwada.jugem.jp/trackback/186
トラックバック

みんなのブログポータル JUGEM